aamall

2007年05月28日

WEB大学とかきついかもね

今春、吉村作治を学長とするサイバー大学が開設された。これまでも放送大学というのはあったわけだが、ブロードバンドのインフラが整ってきたところで田舎でもそれなりの勉強ができる、と感心している。

一方で、国家試験のあるもの以外で通信制の大学を卒業したことが学歴として通用していないのはなぜだろうと思ってみる。

遊んでいても 通ったから大学、勉強していても通信は通信。実感としては両者のひらきは大きいように思う。




実際、放送大学で教授をしておられた吉森賢先生の生授業を院で受けることができたが、お年の割にはといっては失礼だが、NHKの放送をDVDにまとめておられ、飽きさせないそれは素晴らしい授業だった。


しかし、放送大学というとなんとなく リタイアした知的好奇心は旺盛なんだが・・・という人が見るイメージがある。これは(授業の)質の問題ではない。

YOUTUBE他、動画が簡単に見られるようになって、アンセルフなんかがでてきた。これは習いたい人が閲覧、教えたい人が動画をうpするというもの・・・。つまりおいらでも ビデオ授業の先生になれる。もちろんあなたもである。投稿すればよい。そこはクオリティが低くかったり、まあ管理者側ではじかれるかもしれないが・・・・「8人を産み分けた母が語る こうすれば男女産み分け講座」でも「カラフル う○ちの作成方法」でもいい。先生になれる。

となると 資格のところを見たら まだ 中小企業診断士の講座はないので、おいらが開講すれば 中身はさておき、見る人も出るだろう。テキストのみ・・・おいらのアマゾンで購入してね・・・4649でもありだ。またはテキストをオリジナルにしてもいい。

という風に、教育の機会、教える機会を増やす。売名やビジネスなどなどいろんな機会を増やす。「教え好きっ」てのもいるもんだ。


専門学校もうかうかしていられない。となるとサイバー大学をはじめとするWEB大学、通信大学もわざわざ高い授業料を払ってっまで・・・スクーリングだけなら アンセルフがとっかかりでも 場所を借りれば可能になる。


以前にある助教授がWEB大学院の創設を検討しているとおっしゃっていた。著名な方も参加予定とか・・・しかし、余程のエンタメ性を持たせないと アンセルフ みたいな ロハのものには勝てない。教養という部分で行くと アカデミック過ぎる部分が邪魔をしてとっつきにくい。


もちろん、アンセルフやWEB大学にうpするほど、精通した分野を持つわけではないが、おいらでもできてしまうし、まあ面白けれりゃそれなりの評価を受けるかもしれない。安いテキストくらいなら購入してくれるかもしれない。そうなると WEB大学とか WEB大学院という枠組みも不必要になる。

   WEB大学とかきついかもね。

もちろん、体系的に勉強しておられる方が人に教える方が、有利なのは間違いない。しかし、大学の教員もそのエンタメ性についてはまだまだ研究不足な面は否めない。

ア○カ○ダみたく覆面で アンセルフに登場できるよう がんばって 勉強しますので、みなさんその際はよろしく。

テーマはまだ決まってないけど・・・人間不思議なものでWEBやテレビででたびたび見かける有名かしらと思ってしまうものだ。

だからまず 動画から・・・。アンセルフ、まだまだ、ジャンル不足です。あなたもうpしてみよう・・・案外 第一人者かもよ・・・何かまでは知らないけど・・・。

あっパペット・マペットに間違えられないように・・・します・・。



blog49 at 00:04│Comments(0)TrackBack(0)clip!オピニオン 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

はてなブックマーク
Livedoorクリップ
0 Buzzurl