aamall

2007年09月04日

心はプログラムできるか(書評・感想)

  • 第1章 蟻たちの真似をして儲ける話
  • 第2章 進化の力を借りてアートを創る試み
  • 第3章 デジタル生命で進化を研究する時代の到来
  • 第4章 人工生命というムーブメントの本質
  • 第5章 利己的であるからこそ利他性が生まれる
  • 第6章 進化と学習が生む生命と心
  • 第7章 暗闇で不安そうに動くロボット
  • 第8章 計算機の中で心を進化させる
  • 付章 計算機の中で進化させる方法
  • 本格的な書評は→404 Not found

    本書は心をプログラムするという狭い分野(というのもなんだが)の本ではなく(進化を含め)生命そのものをコンピュータの中でできるか?という取り組みを書いたもの。決して難解ではなくとっつきやすいがところどころなじみのない部分もあるかも。

    心とはなにか?生命とはなにか?→参照:生物と無生物の間にしばし思いをめぐらせる。生命とは自己複製そのものであるという言葉は その進化とか ランダムな振る舞いからするとなにかもの足りない。

    人間は言葉を手にいれたけれど「心を表現する」のにまだまだ言葉が十分でない。「うぜえっ」という感情はもっと高度で複雑な感情。例えば母親に対する「うぜえ」と赤の他人に対する「うぜえ」は言葉としては同じだが心持ちとして微妙に・・・いやかなり違う。

    これが犬なら・・・尻尾フリフリで喜びのすべて表現できる。そりゃその尻尾フリフリにも微妙なニュアンスの違いあるかもしれないが喜び以上でも以下のでない。

    人間の場合には違う。喜んでおいて「手放しでは喜べない」とかどっちなんだいってな。

    算数・数学で言うと「変数が多すぎて解が決まらず、また出てきた解も微妙に説明不能」これが今のところの人間の「心」。まあ人間そのものかも。あるでしょ?複雑な感情。昨日だったらうれしかったのに今日だと微妙にうれしくない・・・「誕生日をたいがい過ぎてからのつまらないプレゼントとか・・・当日ならねっ」事象は同じでも感覚はいつも異なる。のが人間。

    それらの複雑な振る舞いにをコンピュータ上で再現しよう はては・・・進化をして再現・もう結果は予測不能 なことまでシミュレートしようという試み。その生命のランダム性とか心の複雑性とかかなり理解できないところもあったけれど、なんとなく心が躍った。

    →いい人と悪い人どっちが得か?はこの本の前フリだったのだけれど、このシミュレートの中でも・・・いい人グループ、悪い人グループのどちらが存続していく?の実験も試されている。ダチョウ倶楽部よろしく「どうぞっ どうぞっ」でも社会は立ち行かないし、「オレが オデがっ」でも社会は立ち止まる。

    結局、離合集散を繰り返すというわけだ。これらを計算機の中で擬似的に行ってみる。結果は本書を手にとって。

    A.I.ほど優れたロボットはおいらが生きている間には出てこないだろうけれど。。。スネるけど結構立ち直りのはやいロボット。やきもちを焼いたり憎まれ口を叩いたりするがかわいいロボットなど 「心」を持っているがごとくランダムに振舞うかつ進化していくロボットは出てくるのかも知れない・・・と期待させる本書。

    心理学、ゲーム理論、脳、心、進化をよくぞ200頁少々に詰め込んだものだ。今年読んだ中でもっとも濃密

    そりゃ複雑にもなるわね。コンピュータを使ってシミュレートしようとしているのは

       人間だもの(。・ω・)ノ゙ 

    人気blogランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

    blog49 at 06:01│Comments(0)TrackBack(2)clip!書評 科学 

    トラックバックURL

    この記事へのトラックバック

    1. 拙著紹介ページに書評紹介コーナーを設置(2)  [ ・・というか忙しすぎ ]   2007年11月26日 23:03
    拙著「心はプログラムできるか」(ソフトバンククリエイティブ)紹介ページに書評を集めました.検索したところ20以上ありましたので.その一部を以下にあげます. (昨日のブログでトラックバックしましたが,たぶん言及リンクがなかったためにエラーではねられたものです
    2. 始まりの科学(書評・感想)  [ blog50-1 ]   2008年01月22日 09:41
    始まりの科学 宇宙、銀河、太陽系、種、生命、そして人類まで [サイエンス・アイ新書] (サイエンス・アイ新書 36)を読む。 何事にも終わりがあるように始まりもあるはずだ・・というかどこから始めか?これこそ科学。

    この記事にコメントする

    名前:
    URL:
      情報を記憶: 評価: 顔   
     
     
     

    はてなブックマーク
    Livedoorクリップ
    0 Buzzurl