aamall

2007年09月07日

人前で話すとき気をつけている唯一のこと

まあ→※想定外で司会以外の話をするシーンがあった。幸か不幸か仕事内容に比して人前(10人以上とか)で話すことが結構あってそのときに気をつけている唯一のことがある。

   「笑い」をとること

これは業務内容の説明会でも新入社員に対する研修でも結婚式のスピーチでもこの観点はほとんど変わらない。

腹話術のテクニック(キッズ・ショー編)もちろん爆笑の渦に巻き込むなんてことはできるはずはない。すべるならまだマシ。ICレコーダーと(わざわざ購入した)腹話術の人形でのスピーチはひかれるどころか・・・「へっ???・・・」となっていた。

っでまあ自分の話を聞いてくれる層とかそういうのも考慮してまあ事前に考えたり。だいたい事前に考えたことはすべる(;´Д`)。


→※今まで教えることをしたことがない後輩4人に研修の講師をさせた。


昨年と同じように彼らにも「各人が一箇所どこかで笑いをとること」を課題とした。

っで話を聞いていたが「笑い」を話の中に織り込むのはできなかったようだ。すべる度胸がないっつかね。

流暢に話すよりも「笑い」をとる方がはるかに難しい。流暢さは回数を重ねれば自然と身についてくるもの。しかし「笑い」は確実にトライしないとできない。せいぜいとちって「笑われる」のがオチだ。→まあそれも技術のうちだけど。

なんでもそうだけれど、感情の抑揚なしに 話の内容に集中力を保ち続けるのっては難しいと思う。感情の抑揚こそ話を聞く原動力になるっつか。たんたんと話されたらたんたんと聞き流すわねっと。

泣かす話、おもしろい話 だからこそ 間が 多少つまんなくても聞けるもの。

最近講演会を何度か聞く機会があったが日本で一番大きな自動車メーカーの社長も、たぶんお好み焼き屋で一番話のうまいおっさんも すべからく笑いをとっていた→生協の白石さんの紹介など若干の禁じ手を使っていたが

学生:「愛は売っていないのですか? 」

白石さん:「 どうやら、愛は非売品のようです。もしどこかで販売していたとしたら、それは何かの罠かと思われます。くれぐれもご注意ください。


まあ知らない人にとってはウィットに富んだ内容を紹介するだけでも「クスリっ」笑いがなんとなく和む。そこいらへんはやっぱりアメリカ人にならうところはあると思う。

もしかしたらコミュニケーションの本質は「笑い」かも知れないねっ。

ただ、会社の研修とかそういうものの中で「笑い」をとろうとするスタンスは驚くほど少ない。すべってもいいんだよ。とか思うけど。寒い空気もときに 苦笑がとれるから。

4〜5人なら「笑い」をとることはそう難しいことではない。しかしっ。10人以上を前にっ。

すべってころんでうまくなる。何事もそういうことだろうと思う。そのためにふだんからすべっておく必要もあるすべった経験談が・・・一番「笑い」を取れたりする(*´Д`*)。。。

人気blogランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 2007年8月後半の勉強  [ 「地に足のついた投資」を考え、実践する場 ]   2007年09月12日 07:03
進んでいません(笑)。後半は子どもの宿題にかかりきり(笑)。それとプレゼンがあるのですが、その準備。ちなみに土日は子どもの野球で早朝から出かけ、夜は宿題。昨日は夜9時前にはすでに夢の中でした(笑)。 ・本来は人前で話すときにパワポを使うつもりだったのですが...

この記事へのコメント

1. Posted by ひろちゃん   2007年09月07日 20:26
恥ずかしながら私も月に1,2回、二時間ほどの話をするのですが。。。

ちゃんと話す内容が頭に入っていればあがるとかいうことはないかな(図太いのか?)
どちらかというと話している自分に酔うタイプなんです〜(;一_一)

子供のころピアノの発表会で弾き終わって礼をするときの気持ちよさと同じ感じ。。。

いい気持ちなんですもん

だから笑いはとってなかった・・・
やっぱり必要ですか〜〜先生(^O^)/
2. Posted by blog49   2007年09月08日 00:15
先生ではないけれど、きっと必要。なぜならうなづく行為はわざとできても「笑い」は本当にそういう気持ちで苦笑や失笑になるから。。。相手に伝わっているかが一番わかるよい方法だと考えています。
「笑い」が聞こえることはもっとも相手に伝わった瞬間だと考えるのです。
もしそれで笑われなかったとすれば、、、それまでのことも聞いてなかったという証拠。とか考えていますがいろいろでしょうけど。
3. Posted by ひろちゃん   2007年09月08日 08:51
ふ〜ん(^_^;)
やっぱりそうですか〜
聴かない人はどーせ聴かないし・・・と、なげてしまっちゃあおしまいですね・・・
笑いとか、余談とか、うまく織り交ぜながらクロワッサンのように美味しい講義になるようにがんばりま〜す(^O^)/

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

はてなブックマーク
Livedoorクリップ
0 Buzzurl