aamall

2008年02月17日

はじめての課長の教科書(書評・感想)

はじめての課長の教科書(酒井穣著)を読む。その前に課長になるまで役職がどれくらいあるか調べてみた。



→役職:Wikipedia

あくまで企業や自治体間で序列は異なるが

  • 主任・係長(民間企業)
  • 主任、係長、主査、課長補佐(国家公務員)
  • 主事、技師、主任、係長、主査、担当係長、次席、課長補佐、副主幹、主幹、副参事(地方公務員)

企業だとまだまだある。(カタカナは抜く)

  • 課長代理心得、副課長、課長代理、副○○役、○○(調査とか)役、主任○○役、副長

ちなみに→日銀(ただし支店)

  • 副主任、主任、主査、課長代理、企画役補佐

職能資格給だと「役職の名称」とともに「書記、主事補、主事、参事」など、主事補以上で課長みたいな「職能資格」もついている。さらに(部長待遇)の課長とか。



あまりの数に「どんだけ〜」。お役所チックな雰囲気が漂うほど課長までの役職が多くなるような気がするのは気のせいか。課長島耕作 (1)  新装版のようにおセクスばかりしてスムーズに課長にはならないのである。ちなみに次長・課長だと次長が偉いケースが多いように思う。社内でも呼称が多すぎて序列がわからない・・・というのが案外現実で、まあ自分より偉いか?だけ把握しておけば差し支えないが。

さて本書である。

  • はしがき
  • 第1章 課長とは何か?
  • 第2章 課長の8つの基本スキル
  • 第3章 課長が巻き込まれる3つの非合理なゲーム
  • 第4章 避けることができない9つの問題
  • 第5章 課長のキャリア戦略
  • あとがき
  • 参考文献

はしがきで筆者は大きな間違いを犯している。

 


 

強調したいのは、多くのビジネスマンには人生のうち一度くらいは課長に近い立場で仕事をするチャンスが訪れるということです。P1


企業の多くが支店を統合し、課を新設する場合にはスクラップをしている。低成長時代の中で実質的な課の機能を持つ課長は減ることはあっても増えることはない。せいぜい、名前だけの課長が増えるだけである。また、年功序列はゆっくりとだが、崩壊しているので、多くの人が「課長に近い立場」になることなく、サラリーマン人生を終えるに違いない。

しかし、管理職的立ち位置を知っておくことは有効だ。役が人を作る側面はあるが、それほどゆっくり時代は流れていない。

→すぐに結果が出ないと我慢ならないメンタリティ:シロクマの屑籠(汎適所属)“とにかくすぐに結果が出なきゃヤダヤダ!”

 


新卒以上に「やつは新米課長だから・・・」なんて誰も言っちゃくれない。課長になった瞬間から「課長」であることを要求されるのが当たり前だ。だからこそ助走段階が重要となる。

その意味で本書は(課長に限らず)管理職として身につけておきたいことが見事にまとまっている。それだけでも十分プッシュできる本である。それ以上に意外とこの手の本に書いてないことをグリップしておくと

自らを権威づけする。

 課長は部下にとって暖かい人物であるべきですが、弱腰である必要はありません。課長が弱腰になってしまうと、部下全員が動揺してしまうものです。課長である自分を普段から小まめに権威づけしておくことは部下から無駄な攻撃を受けないために大切なことです。いかにも権力が弱そうな課長では、血気盛んな優秀な部下の攻撃をわざわざ呼び込むようなものだからです。〜中略〜権威が人の態度をに大きな影響を与えるということは疑えない人間社会の現実です。P177

 

具体的な内容は本書を読んでもらうとして、いわゆる「なめられた」状態では組織活動上必ず滞りが出る。友達型上司をめざすのはかまわないが、やはり上司はどこかに権威がなくてはならない。きれいごとを並べるビジネス書の中で異彩を放つ。

転職をしなければ、業務の延長上にマネージャーがあるけれども、私はマネージャーとプレイヤーはまったく違う仕事であると思っている。もちろん、プレイングマネージャーというのはあるけれども、やはりどちらかに軸足を置くべきだろう。

その軸足の置き方がきちんと書かれている本書をすでにマネージャーである人も、これからなるであろう人も読んで欲しいものだ。

本書が書き漏れていた点については私自身も書いてみたいな・・・と思った。もっとも課長じゃないけど。



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『はじめての課長の教科書』酒井 穣・著  [ ビジネス書の厳選情報を毎日お届け 「ビジネス・ブック・マラソン」 バックナンバーズ ]   2008年02月18日 09:45
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887596146 『はじめての課長の教科書』…。いかにも狙ったタイトルだと思い つつ読み始めたら、これはなかなかすごい本でした。 タイトル通り、現場のマネジャーのための手引書なのですが、課長 の心得から、人身掌握術、部下の...
2. 部下は育てるな!取り替えろ!!(書評・感想)  [ blog50-1 ]   2008年03月05日 15:37
部下は育てるな! 取り替えろ! ! Try Not to Develop Your Staff (光文社ペーパーバックス)を読む。 「詰め替え用はどこで販売しているのでしょうか?」
3. 部下を動かす教え方(書評・感想)  [ blog50-1 ]   2008年09月19日 10:30
いつも仕事に追われている上司のための 部下を動かす教え(松尾昭仁著)を読む。部下には3種類。1.教えなくてもできる部下、2.教えてできる部下、3.教えてもできない部下。
4. はじめての係長の教科書 パスでござる  [ blog50-1 ]   2010年02月28日 21:45
「のれんに腕押し」、「糠(ぬか)に釘」・・・そんな言葉が頭をよぎる。年上の部下と10歳以上年下の新人。思うように動いてくれない。それよりも今日は南山部長の機嫌を損ねた。気が重い。北川係長は今日も営業に出なければならない。別部署のサポート課西島課長補佐と。。....

この記事へのコメント

1. Posted by ITおやじ   2008年02月16日 16:23
課長代理心得?
なんじゃそりゃ・・・
2. Posted by blog49   2008年02月16日 22:32
「課長代理心得」は私の身近であった役職で正式な課長代理までの試用期間として6ヶ月から1年間程度おいていた意味不明な役職です。実際に課長代理に移行しなかった人はいなかったそうですが。
3. Posted by NED-WLT   2008年02月19日 06:04
はじめまして。本書『はじめての課長の教科書』の著者です。まずは、本書の購入、ありがとうございました。そして、すばらしい書評をありがとうございます。「課長代理心得」には、しばらく笑いが止まりませんでした。

「実質的な課の機能を持つ課長は減る事はあっても増えることはない」とのこと、僕は少し別の考え方をします。URLに入れたリンク先の拙ブログの記事を読んでみて下さい。いわゆるフラット化というのは、一般的に考えられているように、中抜きではないのではないかと僕は考えています。まあ、証拠は無いのですが(笑)。

ところで、拙著が書き漏らしている点について、是非ともブログや本で言及していただけたらと思います。とても興味があります。

また遊びに来ます。重ねて、御礼申し上げます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

はてなブックマーク
Livedoorクリップ
0 Buzzurl