aamall

2008年08月21日

中小企業に就職する7つのメリット

中小企業に就職するメリットのみを検討する。ここで想定する中小企業は従業員数20人〜300人くらい。


 



1.転居が絡む転勤が少ない

中小企業は支社・支店が少ない。異動も限定的でときに海外に行くことはあるけれども転居になるような転勤は少ない。田舎に帰る理由の多くがこれかも知れない。大企業でもエリア○○職というのがあるけれども、一般の総合職とはラインが違うケースが多いのでここでは除く。とはいえ、中小企業でも「3年ほど中国行って」と忠告されるケースもあり。

2.人間関係が固定的ながら累積する

異動によって転居すると人間関係を一から構築する必要がある。学生時代の友人に会うのも容易でなくなるし、社会人になってからの知人も疎遠になりがち。異動の範囲が限定的ならば固定的ながら培った人間関係・人脈が(特に地元などの場合)累積する。

000166

3.出世・昇進が容易

企業が小さいということはそれだけ目が行き届きやすいということ。明確な評価基準が定められていないケースが多いが「できる・できない」の共通認識は作られやすい。自分より優れた人は数少なく、社長などの目にとまりやすい。ときには「係長という役職を作りましょう」も。能力・実績が認められば独創性やクリエイティビティの発揮は大企業よりも容易かも。

4.ルール設定が自分でできる

中小企業は各種規程・規則が定められていないケースが多い。下っ端であっても会社のルールに関してモノ申せば案外通ったりするもの。3と絡まればかなりのルールを設定できる可能性が高い。ルールや仕組みを構築できると「やりがい」が感じられるかも。

5.経営者になれる可能性がある

大企業では入ったときから暗黙のうちにアッパーが決まっているときもある。中小企業で欠かせない存在になれば経営者になることもできる。同族会社でも安易「部長」の肩書きくらいくれる。

5.業務の範囲が広い

部や課の数が少なく、仕事の細分化も行われていない。総務課ならそれこそ、電球の玉替えから人事異動、研修まで幅広く仕事をできる。経営の一旦くらいは早々と担えるかも。縦割りどころか割る組織もないから当然か。

6.ルールがゆるい

大きな企業になるほど、ルールがきっちり作られている。法律を犯す(そこまでいかなくいトラブル)ような自体に陥ったときに厳正に処分される。中小企業の方がそのへんは緩いし、話題にもなりにくい。副業禁止規定なども緩く(または無く)、アルバイトも可能かも。

7.上場の可能性がある

もちろん一握りで現在は逆風ではあるけれども、中小企業は上場が可能。大企業の多くが上場済みか、またはそのほか理由があって上場していないかどちらか。自分でストックオプションのルールを作って会社を上場まで導き、利益を得ることも可能かも。

ここでは中小企業だからこそのメリットのみに着目した。もちろんその反対がデメリットで軽くググってもデメリットの方が多いよに見受けられるのでメリットのみを検討した。

もしこの記事を見て中小企業に就職する人がいるといけないのでいくつか注意点を列挙しておく。

  • 中小企業と言えどもわかる範囲で財務内容を調べよう

具体的には銀行に行っているおじさんや近所の人に聞いてまわる。社長がベンツやLEXUSでも借金まみれ、リースまくりで給料をきっちり払ってもらえないケースもある。新卒の学生には難しいけれど。

  • 技術のある会社にしよう

ある程度技術があったり、成長業種でなければ、勤めていても甲斐がない。自分に自信がある人は起業するだろうし、ある程度技術がなければ盗みようがない。

  • 定期的に新卒採用をしている企業にしよう

10年たっても自分が一番下っ端というケースはよくある。若干名でも定期的に採用をしている企業は採用計画がしっかりしていて、業容がそれなりに拡大していることが予想できる。

  • 常に求人広告を出している企業はやめよう

これはほぼ離職率の高さと比例する。営業職だとフルコミッションに近くなるのかな。

大企業に就職するのも中小企業に就職するもの一長一短。斜陽業種の大企業と成長業種の中小企業どちらがいいかは何年もたたないとわからない。ただ1〜7のようなメリットも存在するのは事実だ。

中小企業・ベンチャー企業への就職のすすめ 新装版―働きがいは小さな会社にある (就職ナビゲートシリーズ)

それでも就職したいあなたに―既卒、フリーター、第二新卒の大逆転内定獲得術それでも就職したいあなたに―既卒、フリーター、第二新卒の大逆転内定獲得術
著者:秋庭 洋
あさ出版(2007-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

こう動く!就職活動オールガイド〈’11年版〉こう動く!就職活動オールガイド〈’11年版〉
成美堂出版(2009-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

中小企業・ベンチャー企業への就職のすすめ―働きがいは小さな会社にある (就職力を考える)中小企業・ベンチャー企業への就職のすすめ―働きがいは小さな会社にある (就職力を考える)
著者:斉藤 州紀
TAC出版(2004-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 

 

社員にとっていい会社の離職率は低いが離職率が低いからいい会社ってわけではない

http://blogcq.livedoor.biz/archives/50464073.html


就職活動で勘違いしやすいこと 覚えておきたいこと メモ(人事管理)

http://blogcq.livedoor.biz/archives/50445375.html

転職時の検討事項

http://blogcq.livedoor.biz/archives/50366516.html



blog49 at 00:01│Comments(0)TrackBack(1)clip!仕事 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 就職氷河期世代からのアドバイス  [ blog50-1 ]   2009年01月08日 09:47
下手な鉄砲は数打ってもあたらないかも知れないが、確実にうまくなること 量はいつか質に転化すること うまくなるタイミングが人より早くなるために活動ははやく開始すること 就職試験は大学受験と違い受験料はとらないので、いくら受けてもいいということ 自分が....

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

はてなブックマーク
Livedoorクリップ
0 Buzzurl