aamall

2009年07月21日

思考の視野角のこと

「なぜ彼はあんなにピントがずれているのだろう?」仕事をともにする時間とともにそんなことが感じられる。

そういう場合、噛み砕いて説明しても共感は得られず、ピントがずれた人(別称ではKYとも言うか)はピントがずれたまま感情をむき出しにし、孤立感を深める。



このピントのズレが多い人々のことを「思考の視野が狭い」と呼ぶことにする。

Save0002
図1

視野角?
この部分を「理解の視野角」、「表現の視野角」と呼ぶ。その相手の話、状況を飲み込み理解して腹に落ちる部分、それを再現・表現できる視野角というか思考。再現・表現が多少違っても、表現でき、他人に説明できる範囲。まあ、思考のストライクゾーンというか。

どれだけピントがズレた人でもこの部分はある(自分の思考に)ピタッとくる部分。

視野角?

この部分を「共感の視野角」、「受容の視野角」と呼ぶ。相手の話や行動に共感までできなくても、とりあえず受け入れることはできる部分。

必ずしも同意するわけではない。

相手の話を遮ることなく、受け入れることができる視野角、思考方法。この範囲が経験や見識により、広がっていくのが好ましいが、実際には逆に狭まっていくような気がするのは私だけか。

どんな考え方。言動があっても「そういう考え方もあるかも」なんて思うがそれを実践しようとは思わない範囲。この範囲が広くないと人の話をまったく聞くことができない。

視野角?
この部分を「認識の視野角」、「拒絶の視野角」と呼ぶ。

この部分は相手の言っていることや起こっていることが認識できるが、拒絶の反応がついぞ出る範囲。

討論番組で言い合いになって、相手が話し終わる前に遮ってしまう状態を考えればいい。テレビにもつい突っ込みたくなることはないだろうか?

脊髄反射的に出る視野、思考。


?、?は広がっていくのが好ましく、?は最小限にとどめたい認識だ。


経験値は視野を広げるか?

私より勤続年数が10年以上 上の人でも、あるいはだからこそ、視野が狭くなっているケースがある。

給与制度の多くが生活設計を考慮したものであると同時に経験と能力は比例するものと解され、図1のようになることを期待される。しかし、実際は経験をどれだけ積もうとすべてを?の視野、つまり、認識と拒絶の視野で捉え流していたとしたら?。

何冊を本を読んでも、「そんなので きねえよ」と頭から否定していたら、読んでおいたことすら無価値となる。

少なくとも、?共感・受容の視野角で肯定的に捉えなくて糧とはならないのではない。

つまり、経験を?で捉えてきた人はおおむね視野を広げることができるが、?で捉えてきた人は?「共感・受容の視野角」まで狭くする。理解できない→ダメ脊髄反射が起こる。

Save0003
図2

さらに、さまざまな経験を?を?のまま放置しておくと?は?に流れていってしまう。?を自分なりに?に落としておかないといけない。

共感・受容を理解・表現まで変化させることは難しいことだけれども、「ただ経験した」というだけでは再現できないのでは意味がない。

若い頃の読書

心や頭が固まる前にたくさんの情報、とりわけ体系化された本を読むのは重要なようだ。加齢とともに価値判断、偏見・バイアスは大きくなるから、読んでも知らず知らずのうちに?の視野角で捉えている可能性が高い。

?の弾力性があるうちに読書すれば?に影響を与え、?を最小限にできるかもしれない。

彼らにとっての理論や思想とは、視野を狭窄させるための色眼鏡でしかないし、まさにそのために“読書”が必要とされている。十代で人生をダメにするための“読書”

20代、30代、40代よりましだと思う。子供のうちから視野狭窄になるケースは少ない。



思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
著者:外山 滋比古
販売元:筑摩書房
発売日:1986-04-24
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



頑固を変えられるか?
間単に変えることができれば頑固とは呼ばれない。変えられる事例としては
劇的な改心・・・病気とか自分の価値観が揺らぐ重大な事態が起こったときに寛容になったりする。

環境の大きな変化・・・頑固一徹が10人揃えば、頑固選手権が内部で行われ、集合を維持するため中では寛容な人間があるのではないか?癖のある人物を一部署に固めてみると軟化するのかも。試すのは度胸がいるが、役割というのは自然に作られる部分にまかせて。

?、?の狭い視野角を持つ人に対応するのは難しい。それをど真ん中で受けていると体力・精神力がもたない。余裕があれば、相手の視野に合わせた表現が求められる。


またこの努力をすることで結果的に自分の?の視野角を広げることにもなろう。


自分がどれくらいかをまわりにチェックして欲しいものだ。


また、それが見えない部分のアビリティだと思うんだが。


にほんブログ村本ブログ 書評・レビューへ




思考の補助線 (ちくま新書)
思考の補助線 (ちくま新書)
クチコミを見る





blog49 at 00:01│Comments(2)TrackBack(0)clip!仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by そふ   2009年07月22日 09:16
そして自分の視野はどうなのか、という自戒を込めて…

…立ち読みしてみよう。
2. Posted by マリンゾウ   2009年07月22日 19:05
>そふさん
年齢を重ねるごとに視野を広く持つことは難しいのだと思います。
あらゆる意見を跳ね除けずまず受け入られる方はそれだけですばらしいことのようです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

はてなブックマーク
Livedoorクリップ
0 Buzzurl