aamall

2009年07月14日

実務系専門大学と言わないまでも

産学連携を標榜する大学の工学部で研究結果を拝聴していた。原理はもちろんのこと、それがどう産業に寄与するのかわからなかった。

大学は大学の利益があり、企業には企業に利益がある。基礎研究など一部の分野を除いては産学連携は利益が相反するような気がした。
専門職大学院の失敗の総括を抜きにして、どうして「実務家主導」の新たな教育プログラムには例外的に成算があると予測できるのか、私はその理路が知りたい。誰か教えてくれないか。反省しない人々
そこで、実務系専門大学に対する要望もあるが、それを単独で行うのは、時代との齟齬・技術の陳腐化を考えるとリスクが大きすぎる。

そこでまず、学部・学科・専攻くらいから作ってみてはいかがか。


社会人大学院へ行こう (生活人新書)社会人大学院へ行こう (生活人新書)
著者:山内 祐平
販売元:日本放送出版協会
発売日:2003-03
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



宮城大学

職産業学部 フードビジネス学科 飲料水コース(キリン・サントリーHD)
学部内の自販機はすべて無料となっています。アンケートに記入すると、次の製品を購入できます。


会津大学

コンピューター理工学部 ネットブック研究科(東芝)
本学はすべての学生にネットブックの最新モデルが毎年支給されます。最新の製品なのでオークションなどの出品が発覚した場合退学となります。


筑波大学

理工学群 工学システム学類 白物家電コース(日立)
本コース受講の皆様には、試験中の白物家電のモニターになっていただきます。冷蔵庫・洗濯機・エアコンは支給されますので、学生の方は購入しないようお願いします。また、洗濯をお願いする場合があります。


高崎経済大学

経済学部 経営学科 賃貸住宅経営専攻(レオパレス21)
本学は授業料のほか、寮(レオパレス21)も家賃の20%で住むことができます。家具・家電つき、インターネットは使い放題です。ただし、空室の状況によって転居していただくことがあります。

首都大学東京

都市教養学部 経営学系 金融機関経営専攻(新銀行東京など)
アルバイトが斡旋されます。時給のほか不良債権の回収額に応じて歩合給が支給されます。


豊橋技術科学大学

機械システム工学系 ハイブリッド専攻(トヨタ)
原則プリウスが支給されます。グレードアップキャンペーン中でプラス100万円でレクサスにも交換可能です。保険そのほかは自費となります。入学後普通自動車免許が必須となります。

名古屋市立大学

人文社会学部 人間科学科 風俗産業振興コース(中小企業多数)
栄・錦で使えるサービス券が月3万円を上限に支給されます。3ヶ月に一度定期健診を行っていただきます。


三重大学

工学部 亀山液晶専攻(シャープ)
液晶テレビが見放題です。3ヶ月で昼夜2交代の授業となります。

大阪府立大学

人間社会学部 言語情報学 お笑い専攻(吉本興業)
難波花月で笑っていただきます。M1、R1にも出場できます。NSCへの中途入学も可能。随時行き来があり、著名な芸人を客員・特任教授として招聘します。

金沢大学
人文学類 心理学コース おもてなしの心科(かがや)
アルバイトとして女中さんをしていただきます。男性も配膳を経験できます。料理人希望の方はこの学科ではありません。


福井県立大学
経済学部 地方公務員養成課程(県・市町村)
各市町村の一次試験が免除されます。ただし、成績に応じて受験可能市町村は限られます。また、地元出身者が優先されます。

山口県立大学

国際文化学部 文化創造学部 ユニークなクローズ科(ファーストリテイリング)本学では制服着用が義務となります。そのほかは自由な校風で、中国・ベトナムでの語学研修・実地研修があります。

福岡大学
工学部 ケータイ学科(ソフトバンク)
白い名物教授がいます。友人との通話は無料です。


佐賀大学

文化教育学部 テレビ通販?類(ジャパネットたかた)
金利・手数料は本学で負担します。独特の話術とマスメディアとして重要なテレビでの販売を研究します。

  • 本格的な産学連携は企業から人・モノ・金が必要
  • とはいえ、わけのわかない研究にお金を出さない
  • 一般教養は1年半で履修必須。1年はゼミ。1年半をかけて卒業研究をする
  • 授業料は2/3は企業が負担とし、奨学金とする
  • 当該企業に就職しなかった場合に無利子で卒業後返済
  • 人気を殺到させることで地方活性化を図る
  • 就職活動は心配なし
  • 当該企業に税制上の優遇措置をとる
教育と利益追求はそぐわないという人もいる。それはそれで正しいが18歳での選択を尊重していいのではないか。

教育改革の一歩として学部・学科の新設くらいよいのは?

※いまのところ設置されている学部ではないので大学案内と勘違いしないようお願いします。


にほんブログ村本ブログ 書評・レビューへ


産学連携―「中央研究所の時代」を超えて
産学連携―「中央研究所の時代」を超えて


日経大学・大学院ガイド 2009年春号―社会人・学生のための大学・大学院情報 (日経BPムック)日経大学・大学院ガイド 2009年春号―社会人・学生のための大学・大学院情報 (日経BPムック)
販売元:日経BP企画
発売日:2009-04-16
クチコミを見る




blog49 at 00:01│Comments(0)TrackBack(0)clip!日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

はてなブックマーク
Livedoorクリップ
0 Buzzurl