aamall

2013年04月13日

生まれてきた君へ

君はおなかに宿った瞬間から僕らは心配していたんだ。お母さんは長い間君がおなかに宿るのを待っていたんだよ。

おなかに11日も長くいたから僕らはすごく待ったんだ。そしておとうさんも背中を一日中背中をさすっていたんだ。

君がおなかから出て、はじめて見て抱き上げたときにあったかかったんだ。言葉にはできないけど、じーんとなったんだよ。そしておとうさんは泣いてしまったんだ。

涙は理由なくでるものなんだよ。そして君が蹴っ飛ばして泣き声を上げたとき元気なことを確信したんだ。
それはそれはうれしいことなんだ。元気に生まれてくるってね。本当にうれしいことなんだ。

おじいちゃんも泣いたんだよ。

そして次の日には知らないおじさんたちまで見にきたんだよ。知らないおじさんにまで祝福を受ける君は幸せだと思うんだ。生まれたばかりの君はきっと知らないだろうけど、みんなが生まれるのを待っていてくれたんだ。

顔を見て強情で強そうだなあって感じたんだよ。赤ちゃんの顔をよく見たのははじめてだけどね。

隣の子は小さかったから、大きな君は誇らしかったんだよ。

おとうさんは今君の名前を考えているんだ。みんなと一緒だと嫌だし、でも強情な顔をみたときにふわっとした名前にしなきゃと思ったし。

これからずっと呼ばれる名前だからね。字画とかもやっぱ気にしちゃうんだ。

仕事中も君の写真を見るんだ。心があったかくなるんだ。君がどんな風に育つのか想像できないけどね。おとうさんやおかあさん、おじいちゃん、おばあちゃん、そしてお父さんの友達、お母さんの友達までよろこんでくれたんだ。

いいことや悪いことがあると思うけどね。君の味方は生まれたときから多いんだ。だからまず元気でいてほしいんだ。

特別なことは願わないよ。プレッシャーをかける気もないんだ。ただみんなから祝福を受ける子ばかりではないんだからね。

1年後、10年後、もっともっと先まで元気でいて欲しいんだ。やんちゃになるかも知れないけどね。まわりの人がずっと君の成長を見守ってくれるんだ。

今も君の写真を見ているんだ。もう顔が似てきたかな。そのことは文句言うなよ。僕らにとっては十二分にかわいんだ。

がんばれとか言わない、ただ健康で、できれば元気に、できれば普通くらいでこれから生きて欲しい。

まだ名前のない君へ。おとうさんより、平成25年4月13日(土)



blog49 at 23:45│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

はてなブックマーク
Livedoorクリップ
0 Buzzurl